A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Only variable references should be returned by reference

Filename: core/Common.php

Line Number: 257

行列が少しだけできる投資相談所(1)~UG所長が親身に時にはアッサリ答えます~ | AMG Wealth Management - 資産運用アドバイザー
Yuji TOGAO

本日より突然始まりましたこのコーナー

行列が少しだけできる投資相談所~UG所長が親身に時にはアッサリ答えます~

1)投資に関して質問があっても誰に聞けばよいか分からない方

2)投資に興味はあるが、シャイな性格のため躊躇している方

3)アドバイザーの情報を参考にしたい老若男女(同業者歓迎)

このような方の為に、UG所長が一肌脱ぎました。
他の記事とは一味違ったテイストをお楽しみください。


【本日1人目の相談者】
46歳男性(書店経営、投資歴5年、独身、趣味は某アイドルのグッツ収集)

【ご相談内容】
積立投資を始めて5年になりますが利益が出ていないようです。解約すべきでしょうか?

【UG所長からの答え】
 率直にお尋ねします。積立投資のメリットはご存知ですか?まずはインターネット、書籍などでメリットをご自身でお調べください。積立投資で抑えておきたいメリットは2つあります。

 

1:投資の機会ロスを防止できる=毎月投資できる環境をつくること

2:運用に関するリスク分散に有効=売買の時間を分散できる

 

 5年間の積立投資で結果が出ていないことに焦りを覚えるのは分かりますが、5年間の投資時間を一時的な感情でメリットと共に捨ててしまうのは大変もったいないです。

 また、投資を行う上で1番邪魔になるのが「人間の感情」です。特に投資家の方々は運用益より運用の損失に敏感なため、損失時の行動がその後の運用リターンに影響することを理解してください。

 よく「投資は余裕資金で」と言われる理由はお金が必要な時に運用で損失がでている投資商品を解約しお金を作ることを防止するためです。お金にも働いてもらう目的で投資したのにも関わらず、お金に資産を食われてしまっては投資する意味がありません。

 現在、余裕資金で積立投資を行っているとのことですので、今までの5年間を有効活用するために今後も継続して積立投資を行っていただき、今後のバーゲンセール(景気停滞期=安価でファンドを購入できる)を多く経験し、経済回復時の運用リターンを楽しみに気持ちに余裕を持って積立投資と付き合うことが重要です。

 

UG所長のつぶやき:「短気は損気」一時的な感情は蹴飛ばして、お金に支配されない投資をしましょう!

 


【本日2人目の相談者】
25歳男性(家電量販店勤務、投資歴なし、独身、趣味はパン作り)

【ご相談内容】
毎月の収入から積立投資に拠出できる余裕資金を算出できる方法はありますか?

【UG所長からの答え】
 率直にお尋ねします。今、貯金はいくらありますか?
もし、1年分の生活費が貯蓄できていない場合は、まずは貯金に励んでください。
投資資金に回せる資金は貯蓄体質になり家計が筋肉質になってからになります。
既に貯蓄体質の場合は、下記計算式で大まかな余裕資金を算出してみてください。

 

(手取り収入)-(毎月の支出合計) ÷ 2 = 毎月の積立金額

 

この計算式を元に貯蓄をしていくことで、以下の様な効果が期待出来ます。

毎月の支出後に残った資金をさらに半分にすることで、流動性資金(フリーキャッシュ)を手元に確保でき、この資金を毎月確保することで急な出費に対応できる。

「急な出費=投資の切り崩し」のパターンは最悪のシナリオです。

1年間を目安に毎月のフリーキャッシュを貯蓄し、手元に残っている場合は一部を投資資金に充当しても問題ございません。

 


 

UG所長のつぶやき:体もお金も内臓脂肪(ムダ遣い)を燃焼し、筋肉体質(貯蓄体質)になりましょう!

 

UG所長はこれからも定期的に皆さんからのちょっと聞きづらい質問にお答えしていきます。ご期待ください。

コメントを投稿するにはログインしてください