A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Only variable references should be returned by reference

Filename: core/Common.php

Line Number: 257

”メイド・イン・チャイナ”にさよならする日 | AMG Wealth Management - 資産運用アドバイザー
 日本人チーム
 
 
 
 この30年で技術革新は進歩をみせ、私達の生活に多大な影響を与えています。
 
 
 例えば80年代にはパソコンが、90年代にはインターネットが広がり、そして2000年代にはスマートフォンが普及したことで、私達の生活スタイルは大きく変わりました。
 
 
 そして次に世界に変革をもたらす技術は「3Dプリンター」と言われているようです。
 
 
◯成長ポテンシャルの塊である「3Dプリンター」
 
 
 3Dプリンターを簡単に説明すると、コンピューター上で作ったデータを基に立体物を積層して作成します。ですのでこれまでの製造業との違いは、最初に用意しなければいけないまとまった材料を最後の工程に持ってくるところです。
 
 
 そして3Dプリンターで作成できる対象物の範囲は広く、プラスチック、ガラス、砂、化学合成物、鉄とされています。
 
 3Dプリンターが世界に大きな変革をもたらすと呼ばれる所以は、
 
・作業工程が大幅に短縮される
・作業に使用する道具が必要なくなる
・ほぼ制限なく複雑なものを作成できる
・基本的にこれまでの製造方法よりも優れた製品を生み出せる
 
からなのです。
 
 
 車、飛行機、スポーツウェアなどの大手関連企業やアメリカ空軍が既に3Dプリンター導入を検討しているようです。
 
 
 例えばゼネラル・エレクトリック(以下GE)の場合、
 
・GEは鉄を使用した3Dプリンターで次世代ジェットエンジンに使用する燃料ノズルを年間で45,000個製造することを計画している。
・それに伴い、これまで燃料ノズルの製造にあたって分かれていた20の部門を3Dプリンター1つに合併させることができる。
・現在GEの製造家庭において3Dプリンターを使用している事例は10%以下だが、この先20年で50%近く製造において活躍させる予定。
 
 
 それで波及する利益はかなり大きくなると考えている。 もしもこの3Dプリンターを使用する製造業が世界中で増えていけば、中国での製造をとりやめて自国での製造回帰が進んで行くことになります。
 
 
 そうなれば世界を大きく変えてしまうほどのポテンシャルを持ち合わせている最先端技術が、「メイド・イン・チャイナ」をなくしてしまう日が来るのかもしれません。
 
参考記事; ブームは去っていない!?3Dプリンター、18年までの年成長は倍々ゲーム:http://newswitch.jp/p/782
 
 
 
 
 

AMGアドバイザーがいつも頑張ってブログを書いています。
この記事が役に立つと思ったら是非応援の「いいね!」をお願いします!

 
 

コメントを投稿するにはログインしてください