Ogura Manabu
トヨタの公聴会は、イジメのような陰湿さであった。WSJのニュース・ハブでも公聴会での議会の追求の仕方、たとえば「恥を知れ!」なんていう追求の仕方は「国内の不満を解消するためにターゲットが必要であったのではないか」というニュアンスで語られている。



日本でどういう報道のされ方をしているのか分からないが、このトヨタのリコール問題にまつわるニュースでこの側面を伝えない報道がされているのだとすれば、とても悲しい。特に日本はアメリカに対してはいつも低頭平身な状態だからトヨタを一方的に悪者にしている報道のされ方であれば日本人として忸怩たる想いだ。

アメ車なんてトヨタよりもっとつぶれやすいし、そもそもアメリカ文化はリコールを「修理して良くなるんだから結構なことだ」という風習がある。工業製品を完璧な形で出さなければいけないと思っているのは日本人の美徳だ。アメリカ人にそんな考えはない。

なのに今回鬼の首でもとったようにトヨタを厳しく追求するのは政治ショーの何者でもない、と思う。

議会がフラストレーションなのは金融改革が当初の思惑どおりに進まず(CDSのオープンマーケットも掛け声だけで全然出来てない)、失業率も改善しておらず住宅市場も鈍化、メディケア&年金も不安なままなのであの明るいアメリカ人でも暗くならざるを得ない状況を政治が打開出来てないという背景がある。

これがニッサンだったりスバルだったりすれば話は絶対変わってきているはずだ。外資が入ってるから。為政者は国民のルサンチマンを解消しかつ自分たちに害が及ばない手段をよく知っているのだ。

コメントを投稿するにはログインしてください