A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Only variable references should be returned by reference

Filename: core/Common.php

Line Number: 257

シラー先生なら日本の住宅市場のことをどう言うだろう | AMG Wealth Management - 資産運用アドバイザー
Ogura Manabu
1
1890年からの住宅価格(インフレ調整後)

"不動産投資が株式投資や債券投資よりも素晴らしい!"と考えるのはやめといたほうがいい… と昨年ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラー先生が繰り返し言っている。

本当に頭のいい人は、難解な事象を平易な言葉で分かりやすく伝えてくれるがロバート・シラーはは間違いなく本当に頭のいい人の一人だ。

・過去、住宅価格はそもそもそれほど上昇していない

・住宅建築に関してクラフトマンシップが失われ、大量生産の劣化しやすいものが主流になっている

・将来、IT技術が進歩して家の中の電化製品まわりがオートメーション化されていくので、そういったオートメーション化に対応しにくい今の住宅は価格の下落を招きやすい


日本の場合、これに加えて人口減という問題がある。新規着工が数十万戸で、人口減がこれから毎年数十万人失われていくことを考えれば需要と供給のバランスがいずれどこかでおかしくなると考えられる。

日本の場合、極端な値崩れを起こしたくなければ外国人を雇用するなどして外国から日本内需要を引っ張ってこなければならなくなるだろう。

コメントを投稿するにはログインしてください