A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Only variable references should be returned by reference

Filename: core/Common.php

Line Number: 257

逆張りが基本 | AMG Wealth Management - 資産運用アドバイザー
Ogura Manabu
1


資産運用は自分との戦いでもある。自分の過去の経験や心理的抵抗を克服しないと、そこに待っているのは

"平均的に毎年2%の損失"

だそうだ。資産運用を行っている以上、"リターンが良い株式、ファンドに全力投球したい"という気持ちはよく理解できるが、結果的にそういう投資家は高値づかみして安値売りしてしまう。

リターンのよいものに投資をしたい、という考えがそもそも間違っている。すべての金融資産は上下することを考えると、相対的に過去リターンのよいものは今後リターンの悪くなるものである可能性が大きい。その逆もまた真なりである。

ファンドの流入/流出とパフォーマンスの間には正の相関関係があり相関係数は0.49とのことだ。すなわちパフォーマンスがよければ資金流入があり、悪ければ資金流出があるという関係が成立している。

そして平均的な投資家は相場が悪いときなどで保有し続けることが出来なくなるから、売買をして"しまう"。そして上記の損失につながる。

パフォーマンスが良いから買う、パフォーマンスが悪くなったから売るというのは敗者の戦略だ。いくつか銘柄を保有しておき、良いものは売り、悪いものは買う。しかし、それができればはっきりいってアドバイザーなんて必要なくなるのだが…

コメントを投稿するにはログインしてください