A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Only variable references should be returned by reference

Filename: core/Common.php

Line Number: 257

エマージング・マーケットへのリスク選好高まる | AMG Wealth Management - 資産運用アドバイザー
Ogura Manabu
1

22週間連続で、エマージング・マーケットの株式市場・債券市場からの投資金が流出していた。アメリカがQEをやめてしまうということで、投資金が一気にアメリカに向かった(そして調整局面がいままさに起こっている)。

そのアメリカでは、89%のマネー・マネージャーがアメリカ経済の見通しに対して楽観的ではあるものの、アメリカで「仮に調整局面が訪れたとしても、それが軽微なものであればなお割高である」と考える投資家は多いようだ。

金融市場の常であるがテーマが固定してしまうとそこにホットマネーが流れ込み、半年から5年間くらいのスパンでテーマとなったマーケットが過熱する。特にアメリカは楽観的な見通しが続いていることからリスク感覚は甘くなっている(とはいえAMGも当面アメリカ重視のポートフォリオになるだろう)。

そして、これからまた香港・中国が投資家にとってのテーマになってきそうだ。金利の自由化、7.5%の成長達成が薄れる見込み、PMI下落、銅価格の下落など悪い話はおおい。

「だからこそ」と普通の投資家なら考える。良い材料が出尽くした時にはすでに高値掴みする恐れがある。投資するに最適な環境が整うとき、というのは誰もそこに投資したくないと思うときだ。悪い材料が出尽くす前にリスクを取る投資家が増えてきているということなのだろう。

コメントを投稿するにはログインしてください