A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Only variable references should be returned by reference

Filename: core/Common.php

Line Number: 257

マクドナルドで長居する | AMG Wealth Management - 資産運用アドバイザー
Ogura Manabu


アメリカで、韓国人のお年寄りが毎日マクドナルドを訪れてコーラやポテトを注文して長時間店内に長居し続けた結果、怒ったマネージャーが警察を呼んで大騒動に発展したというニュース。

4人の韓国人活動家はお年寄りに対してひどい仕打ちをするマクドナルドをボイコットしようと呼びかけている。またニューヨーク市警に、お年寄りを強制排除するなんてひどい、と。(このマクドナルドに警察が来たのは既に4回目とのこと)

彼らの怒りは凄まじく、別のソースによると単なる老人差別だけではなく韓国人に対する人種差別であるとも主張している。

マクドナルドの主張も理解できる。ファーストフード店は回転が命。客を効率よくお腹いっぱいにして早めに出て行ってもらわないと、採算があわなくなってくる。一日中居座られたら回転が悪くなる。回転を早くするために、マクドナルドではすわり心地の良いソファーはない。マクドナルドとはそういうお店である。

長居したければ、スタバに行けということになる。

実は、この事件を聞く前からマクドナルドで店側が客を追い出すことがあり得るのではないかと思っていた。

というのも、ここ香港でもお年寄りがマクドナルドで終日長居しているというのは、香港ではよくある風景であるからだ。特に夏場、家にいたらクーラー代がかかるがマクドナルドにいれば安くで涼める。そこに、テーブルの上に何もない、すなわち注文すらしていないようなお年寄りがけっこういるのだ。

注文しない客に対するマニュアルなどはないのかもしれないが、お年寄りを大切にする文化がある香港のことだから、注文していないと知っていてあえて何の注意もしていないと考えられる。

ステレオタイプではあるが、香港ではそういったお年寄りはたいていオカネに余裕がなく、身寄りはおらず、自分の健康に問題を抱えながらも高い医療費を賄えない人たちだ。

香港マクドナルドがこの老人ホームの延長とも言うべき役割を進んで引き受けているとは考えられないが、さりとてその役割を他に押し付ける気配もない。蒸し暑くなってくれば、お年寄りがマクドナルドに集合して「ひねもすのたり」状態となるが排除はされていない。店員は無関心だ。

香港は生き馬の目を抜くビジネス地獄である一方、こういうホッとする風景が見られることもある。お年寄りたちがマクドナルドの席を無遠慮に占拠し大声で談笑しているなんて微笑ましいではないか。いったん家の外にでると見たくもない広告や聞きたくもないCMで溢れてるのだから、企業の論理に対するささやかな反抗だ。

このアメリカの事件が波及して香港のお年寄りの集会場所がなくならなければいいのだが。

(ちなみに、僕もファミレスやファーストフードでドリンク一杯で何時間も居座ったことは一度ではない。友達と話したり、本を読んだり、会社のデスクから離れて集中して仕事をしたりするにはなくてはならない存在です)

コメントを投稿するにはログインしてください