A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Only variable references should be returned by reference

Filename: core/Common.php

Line Number: 257

ふつうの新興国になりつつある中国 | AMG Wealth Management - 資産運用アドバイザー
Ogura Manabu
1

日米欧の景気が徐々に回復してきたので、沈んでいた中国の景気もそろそろ回復してくるのではないかとチェックしているが、貿易に関しては中国はこれ以上伸びる余地があまりなさそうだ。

中国の輸出額の伸びが以前ほどの勢いではなくなり、それどころか伸びがフラットすなわち現状を維持するだけになっている。特に低付加価値の商品は輸出の下落がひどく、以下の品目は2013年は2012年と比較して

電卓 15%
傘 12%
ライター 21%


となっている。人民元が高騰していることも原因だが、中国ではメーカーの高付加価値商品への生産が遅れていること、消費をしてくれる中間層がなかなか育たないことに原因がある。

中国で工場を展開している人たちに聞くと、決まって

中国プラス1

と言われる。賃上げ・人民元高騰で利益を出しにくくなっているからたとえば中国とベトナム、中国とインドネシアなど工場を分散して利益を出すことを考えているようだが、大企業ではなく中小企業で二つの異なる国で工場をうまく回すのは至難の業だろう。

また大気汚染の問題も、僕が冗談めかして言っているが進出する外資企業はけっこうシリアスに考えていてヨーロッパの企業などでは駐在員を本国に呼び戻したりしている。

中国の奇跡の成長は、過去をふりかえって「あの時はよかったね」と言われる点をとっくに過ぎてしまったのかもしれない。

コメントを投稿するにはログインしてください