A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Only variable references should be returned by reference

Filename: core/Common.php

Line Number: 257

女性の社会進出が進めば | AMG Wealth Management - 資産運用アドバイザー
Ogura Manabu
1

香港は女性にとっては働きやすい場所である。

育児休暇などの産後支援が整っているから…というわけではない。先進国では認められる程度には女性の社会支援制度はあるが、香港で女性が働きやすいのは女性が男性なみに働くようになったからである。

香港の会社での女性の管理職の割合が全体の51%いると言われている。すなわち管理職の割合でいえば、女性のほうが男性よりも多いのだ。基本的に女性は仕事をしていて、実際に僕自身も専業主婦にほとんど会ったことがない。

しかも実際にデキる感じの女性ばかりで「この人を彼女(あるいは妻)にしてしまうと仕事方面のことで相談しても逆にやりこめられそうで大変そうだなぁ」と精神的に未熟な僕はつい思ってしまう。

僕の香港人嫁もそうなのだが、いわゆる昭和のオトコ的な考え方があり、「いざとなりゃ私が家族の食い扶持くらい稼いでやるわ!」という考えが強い。そしてその「いざ」に備えるために現在進行形で仕事に邁進するわけである。現場から離れてしまうと、稼ぐ感覚は薄れてしまうからだ。

逆に僕は「いざとなったら食わせてください」と平気で言ってのけるタイプである。「妻は絶対に家にいて、夫は絶対に外で稼ぐ」という考えは持っていない。妻のほうが稼ぐ能力があるのであれば、妻に稼いでもらいたいと本気で思っている。

同じ能力であれば、気合のある人間が気合のない人間の仕事をとっていく。ここ30年くらいは先進国では女性の社会進出が叫ばれていた。そして女性は社会進出を果たした。しかし社会の生産物は女性の社会進出のペース以上には生みだされなかったから、その対価たる「給料」は男性は減り、女性は増えた。

これは日本でも同じ現象が起こっている。女性の社会進出が進んだぶん、すなわち女性が獲得する給料が増えたぶん、男性の獲得する給料は減少しているのである。

香港のデータはないが、

女性の社会進出が進んで給料が増える

男性の給料が減る

結婚の際の基準となる経済力ある男性が減る

女性が男性の経済力を頼らず生きていくためにますます仕事に猛進

ますます男性の給料が減っていく


という循環が起きている気がする。香港の出生率は極端に低いが、出生率が低いのは男性が女性に負けじと一生懸命働いてないからだ。事実、香港人女性は草食系で精神的に未熟な香港人男性に見切りをつけて中国大陸や外国に婚活に行っている。

コメントを投稿するにはログインしてください