A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Only variable references should be returned by reference

Filename: core/Common.php

Line Number: 257

今は景気サイクルのどこ? | AMG Wealth Management - 資産運用アドバイザー
Ogura Manabu
1

バンカメ・メリルのファンドマネージャーに対するリサーチ。ファンドマネージャ調査で現在経済状況は

・サイクルの始め
・サイクルの中盤
・サイクルの終わり
・景気後退


の4つのどこに位置していると思いますか、という問いに対する回答。経済はサイクルなのだが、景気後退局面から抜け出しつつあるタイミングを「サイクルの始め」、そこから安定的な成長に入ると「サイクルの中盤」、そして景気が過熱しバブル懸念が高まってくると「サイクルの終わり」、そしてバブル破裂し「景気後退」に陥る。

アンケートの対象はファンドマネージャーなのでいわばマネーのプロたちだ。そのプロたちが現在の経済サイクルについて答えている。

すごいのは、2007年の11月で既に景気後退と答えたマネージャーが20%近くもいるということだ。公式にはアメリカの景気後退期は2007年の12月から2009年の6月で、景気後退とはっきりと分かるのは直近四半期のGDPの結果が出る必要がある。

また、2008年以降は景気後退・サイクルの始め、サイクルの中盤、サイクルの終わりと綺麗に山なりになっているのにもかかわらず最近ではその山が乱れ、現在では「サイクルの中盤」と答える層が一番おおい。「景気後退」と答えるマネージャーも1%いる。しかし、「サイクルの始め」と答える人も20%近くいる。

これは、ファンドマネージャですら現在経済がサイクルのどこにいるのかがよく分からなくなっていることを示しているのではないか。

コメントを投稿するにはログインしてください