Ogura Manabu


フライド・チキン屋がオープンしまくることが、韓国経済にダメージを与える… という記事。

韓国では仕事をクビになって再就職の見込みが立たない場合、手っ取り早くフライド・チキン屋を始めるらしい。仕事がないなら自分でチキンを揚げて生計を立てるのがある種のキャリア・パス(?)となっている。

しかし、韓国経済があまり好調でないこともあってここ数年でフライド・チキン屋が数多く出店しているらしい。

出店に際しては銀行からカネを借りるときに住宅を担保に差し出しているのだそうだ。しかし出店の数が多ければ競争も激しく、泣く泣くフライド・チキン市場から退場せざるをえないケースも増えている。個人経営のフライド・チキン屋は韓国内に現在およそ4万店10年前と比較してほぼ3倍となった。

昨年韓国のGDPは2%しか成長していない。そして今年、来年と中国経済の減速のあおりを受けてなかなか大変な状況になっていくだろう。フライド・チキン屋自体は韓国のファイナンシャルシステムに影響をおよぼすことはないが、安易にフライド・チキン屋を初めて始めてしまうケースに韓国政府も警鐘を鳴らしている。

コメントを投稿するにはログインしてください