A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Only variable references should be returned by reference

Filename: core/Common.php

Line Number: 257

他のアドバイザーもプチ・バブルを警戒 | AMG Wealth Management - 資産運用アドバイザー
Ogura Manabu
1

金融市場は美人投票だ、と言われる。自分が一番美人だと思う人ではなく他人が一番美人だと思うであろう人に投票する、しかしその他人もそれを予想し投票するだろうから…ということで永遠に「客観性」というのには届かないのだが。

さて、私たちアドバイザーは他のアドバイザーがどのように市場を見ているのかを気にする。AMGは株の信用買いの水準やパニックインデックスなどで株価が適正な水準かどうかを判断する。

そして私たちは米国株式市場はやや割高と見て、いずれQE縮小とともに調整局面が来るのではないかと考えている。バブルかどうかは、それが破裂してから初めて分かるものだが10-15%程度の調整局面が来ると考えている以上現状はプチ・バブルである…と見ている。

WSJによると、他のアドバイザーも現状はプチ・バブルであると見ているようである。(ただし、これが株式市場の怖いところであるが大勢が同じ見方をしていても、違う方向に動くことはよくある)

私たち含めアドバイザーが米国株のポジションを減らしている理由は「S&Pは将来数年にわたって5-6%のリターンしかあげられなくなるだろう」とみていることだ。新興国のインフレ圧力、先進国のデフレ圧力というのは継続し、デフレ圧力がある以上資産の堅調な増価は織り込みにくいというのが理由だ。

コメントを投稿するにはログインしてください