Ogura Manabu


サブプライム危機を最大限に活用して年間で600%のリターンをあげたヘッジ・ファンド・マネージャのジョン・ポールソン。ここ2年は彼のゴールド・ファンドがピークから63%の損失を出しており、投資家から文句を言われている(ただし、インタビューではゴールド価格の下落については心配していないようだが)。

ほとんどメディアの前には顔を出さないポールソンだが、CNBC/機関投資家カンファレンスに出演していた。映像なしのインタビューさえ受けない彼が、映像アリのインタビューを受けるなんてどういう意味なんだと思ったし、

そして更にびっくりしたのは「今個人投資家にできる最大の投資は家を買うことだ」と言っていることだ。

100億円以上の機関投資家しか受け付けないと言われる彼のファンドが彼が個人投資家に対してアドバイスしてなんか意味があるのか、あまり評判がよくないヘッジ・ファンドの環境を少しでも変えようとしているのか… ポールソンがインタビューに出てきたこと自体はびっくりだが、いまいち主旨が不明なインタビューであった。

コメントを投稿するにはログインしてください