Ogura Manabu
1


20度前後にはなったと思われる。香港の日曜日。ポカポカと春の陽気が漂っていたので、その陽気に誘われるように近くの香港大学のキャンパス内を散歩した。

僕 「ところで、次の水曜日にipad 2が発表されるようだけど」

妻 「あっそう。まさか、買うつもりじゃないよね」

僕 「いや、その… チップセットもグラフィック能力も大幅アップグレードだし」

妻 「何言ってるのか分からないけど、買うときはキチンと相談してよね」

僕 「だから今、こうやって相談しようと」

妻 「ないない。お兄ちゃんからもらった現役のiPadで十分でしょ。壊れたわけでもないし」

僕 「相談してってさっき言ったじゃないか…」



「自分で稼いだカネなんだったら、ゴニョゴニョ妻と相談なんかせず自分で使え!」という御仁もいらっしゃるかもしれないが、そういう時代ではない… というか、僕自身はこういった後腐れのないトピックは妻の経済感覚を確かめたりするのに有効なツールでさえある、と思っている。

妻とは同じ職場で働いているので会話のチャンスが豊富にあるか、といえば意外とそうでもない。仕事だから事務イシューや経営の数字は共有するものの、潤いのある会話というかお互いを理解するための会話というのは少ない。

基本、妻は家にモノが増えるのを嫌がる。妻の物欲は極めて薄く、必要最低限のモノでシンプルライフ、というのが希望である… とうことを再発見した。

しかし、iPad 2は欲しいな…

コメントを投稿するにはログインしてください